SCROLL PAGE TOP

沖縄県石垣島

牛に沸く島

LOCALITY / 沖縄県

牛に沸く島

日本最南端の黒毛和牛

石垣島を車で走ると、青空の下でのびのびと過ごす牛たちに出合う。沖縄というと豚のイメージがあるが、実は八重山諸島は約3万5000頭の牛を飼育する黒毛和種の大繁殖地帯だ。中でも石垣島は沖縄県内でも最も多い2万5000頭以上を飼育していると聞く。石垣島は起伏の多い土地に蓄えられた豊かな水と温暖な気候で、和牛の繁殖に適している。そして何より、石垣島にはさんさんと降り注ぐ太陽の下、風に揺れるほどよく伸びた豊富な牧草がある。ふつう年に1、2度しか収穫できない牧草が、石垣島では年に4、5回は取れるという。

石垣島の健康な子牛

「小さい頃にたくさん牧草を食べた子牛は、成長しても食いつきがいいからよく育つ」と、島の農家が誇らしげに教えてくれた。本州などでは乾燥した輸入牧草を食べさせるところを、石垣島では島産の青草をどんどん食べさせる。だからこそ、石垣島の子牛は健康だ。毎月13、14日ごろに島内の八重山家畜市場で行われるセリでは九州や関西、関東から50名近い業者が訪れ、850頭に及ぶ子牛が取引される。

 

子牛には農家が全て名前を付けていて、系統のいい親から生まれた子には高値が付く。セリ場には電光掲示板があり、秩序よく取引されている。これまで石垣島では牛の繁殖は手掛けていても、肉用に肥育する農家は少なかった。それには広い敷地や施設が必要になるし、子牛で売った方が金回りも早いため、島の農家には助けになるからだ。

パイン産業に代わる和牛

ひと昔前まで、石垣島では島を挙げてパイン産業に携わっていた。ところがパイン自由化によって一気に廃れ、代わりに伸びてきたのが和牛なのだと農家は言う。そして、2000年の沖縄サミットで石垣牛がメインディッシュとして供されたことがきっかけで、国内外から注目されるようになり、肥育を手掛ける農家も徐々に増え始めた。

安心・安全なブランド牛

石垣牛とはJAが立ち上げたブランド牛で、八重山郡島内で生まれ、肥育管理された牛で、平成20年特許庁より、地域団体商標登録第5127806号を取得している。決められた飼料を、決められた分量だけ食べて育ったことが条件となる。飼料まで統一しているのは、全国でもめずらしいという。出荷期間は、去勢24〜35カ月、メスは24〜40カ月。こうした決まりを細かく定め、安心・安全性を高めることで、BSE発生後の和牛業界で評価を上げてきた。

健やかな石垣牛の味

「石垣島の自然の中で育った牛は、肉質が良く、かんだときにしっかりと肉の味がする。太陽と大地の味です」。島内で石垣牛のステーキハウスを営む店で石垣牛の魅力を聞くと、そんな答えが返ってきた。ここ数年で、石垣島には石垣牛のステーキ店や焼き肉店がぐんと増えた。島外の認知も高まり、新空港ができて観光客が急増して以来、石垣島は牛に沸いている。その人気は供給が追いつかないほどだというから、今後、いっそう生産が盛んになるだろう。石垣島を訪れたなら、ぜひ旬の健やかな和牛の味をお試しあれ。

生産地一覧ページに戻る

「沖縄県」関連記事

まだ投稿がありません。