SCROLL PAGE TOP

モンド

豊かな食事の時間を創造

CUISINE / ITALIAN

豊かな食事の時間を創造

イタリアの伝統をアレンジしたシンプルな料理は、より豊かで上質な時間を創出。ワインが進む生き生きとした味わいを楽しみたい。

スペシャリテのパン

スペシャリテは、5種の自家製パン。パンがスペシャリテ? と思うかもしれないが、これは、宮木氏が東京とイタリアの修行中に各地で学んだパンを盛り合わせたもの。内容は、北部のトレンティーノ・アルト・アディジェ州で教わった黒パン、南部プーリアで教わったタラッリーニ、「クチーナ・トキオネーゼ・コジマ」で小嶋正明氏に教わった全粒粉の丸パンなど。ハーブがきいていたり、オリーブオイルが練り込んであるなど、風味や食感が変化に富んでいる。ハーブやチーズ、オリーブオイルが香り、ワインが進む。デザインが印象的なパンの器は、懇意にしている作家によるもの。

生き生きとおいしい一皿

イタリア南部プーリア州で伝統的な焦がし小麦を使ったオレキエッテは、山形の「お日さま農園」から送ってもらう季節の野菜とともにゆで、シンプルにオリーブオイル、カラスミをかけて仕上げた。香ばしく、しみじみとした独特の風味が魅力の焦がし小麦は、イタリアの友人から粉を取り寄せている。

 

「プーリアの伝統では野菜をクタクタにゆでますが、ここでは野菜個々の風味をしっかりと生かすため、それぞれに見合ったゆで加減とします。また、野菜の風味や、焦がし小麦独特の香ばしくもふくよかな風味を大事にしたいので、提供温度は熱々よりもやや冷めた頃合いが理想。シンプルですが、しみじみと、そして生き生きとおいしい一皿です」

料理一覧ページに戻る