SCROLL PAGE TOP

中華菜 膳楽房

シンプルな仕立て

CUISINE / CHINESE

シンプルな仕立て

季節の食材を使用したシンプルな料理は、香りが印象的。自家製の加工肉や調味料がアクセントとして料理を引き立てる。

幻の味を再現した腸詰

榛澤氏が特に大切にしている料理が「自家製腸詰」。これは榛澤氏が20歳のころに食べて感動した、現在は閉店してしまっている小岩の「揚州飯店」の味をなんとか再現したいと、試行錯誤して作ったもの。腸詰というとサラミのように水分を抜くものというイメージがあるが、こちらではしっとりとジューシーに仕上げている。「揚州飯店」の味を再現しようと思い立ったときには、もう閉店していたので「揚州飯店」の常連が冷凍保存していた腸詰を食べて、味の研究に励んだという。肉の食感が残り、ソフトながら凝縮感のある味が特徴。榛澤氏なりに再現した「揚州飯店」の味に、自家製の豆板醤と甜麺醤を添えて。

季節の野菜を使ったシンプルな料理

「菜の花の自家製ベーコン炒め」も「膳楽房」らしい料理。季節の野菜をふんだんに使うのが、この店の特徴の一つだ。

 

「あまり複雑に味を重ねたり、飾り立てたりするのは好きではないので、シンプルな料理が当店では定番です。今回の、自家製ベーコンのみで風味づけする野菜炒めは、その典型。台湾風の干し肉をベーコンのように使った、肉の旨みを強く感じる仕立てです」

 

野菜料理は「膳楽房」で力を入れている料理の一つ。自家製の加工肉やインパクトある調味料を用いながら、シンプルに仕立てている。

料理一覧ページに戻る