SCROLL PAGE TOP

トラットリア シチリアーナ・ドンチッチョ

アラブの香りと生きのいい素材、シチリアの食

CUISINE / ITALIAN

 

アラブの香りと生きのいい素材、シチリアの食

シチリアは歴史上、いろいろな民族が支配してきた島。ギリシャ、ローマにはじまり、アラブ、スペインもとくにアラブ人がもたらしたナッツや柑橘(かんきつ)類はシチリア料理に欠かせません。あとは、地元で獲(と)れるマグロ、カジキ、イワシなどの青魚も、とてもシチリアらしい食材です。

今回紹介した2品も、まさにシチリアそのものという皿。ヤリイカとズッキーニを、幅広で食べ応えのあるパスタ、パッケリとともに。

魚介と合わせるのが定番の、幅広のパッケリというパスタを用い、ヤリイカ、ズッキーニ、セミドライトマト、ピスタチオのペーストとともに仕立てました。砕いたピスタチオ、すりおろしたマグロのカラスミをかけて仕上げます。ピスタチオやマグロのカラスミは、シチリア名産。パッケリを噛(か)み締めながら食べると、ヤリイカの旨み、トマトの酸味、ピスタチオのペーストの香りとコクがシチリアらしい風味を作り出す、深みのある一皿です。

 

もう一皿は、分厚く切ったカジキマグロをソテーし、トマト、松の実、干しぶどう、オリーブ、ケイパーを合わせた「ザ・シチリア」なソースをのせ、オーブンで焼き上げたもの。仕上げにリコッタ・サラータをかけています。

「アグロドルチェ」つまり甘酢味は、シチリア王道の味わい。ふっくらと仕上がった香り高いカジキマグロとともに食べていただきます。

料理一覧ページに戻る